京の歳時記


3月


1日 雛祭(宝鏡寺)
3日 流し雛(下鴨神社)
3~12日 花灯路(東山界隈)
9日 雨乞祭(貴船神社)
3月13日~
5月13日
十三まいり(法輪寺)
(4月13日を中日とした一月間)
14~16日 涅槃会(泉涌寺・東福寺などで)
15日 嵯峨大念仏狂言とお松明式(清涼寺)
3月25日~
4月7日
北野をどり(上七軒歌舞練場)
26日 はねず踊り(随心院)

流し雛   初ゑびす
流し雛
衣冠束帯、十二単衣姿の内裏びなのような男女がそろって御手洗川に「さんだわら」を流して、厄を払う行事。
  嵯峨大念仏狂言・お松明式
大松明三基を、早稲・中稲・晩稲にみたてて火をつけ、燃え方で吉凶を占う。狂言堂では、嵯峨大念仏狂言が演じられます。

4月


1~15日 観桜茶会(平安神宮)
1~23日 都をどり(京都芸術劇場春秋座)
1~16日 京おどり(宮川町歌舞練場)

2・8・9日

嵯峨大念仏狂言(清涼寺)
8日 霊山観音釈尊降誕花まつり
10日 桜花祭(平野神社)
9日 太閤花見行列(醍醐寺)
9日 吉野太夫 花供養(常照寺)
9日 やすらい祭(今宮神社)
18~25日 御忌大会(知恩院)
29日 曲水の宴(城南宮)
29日~5月5日 壬生狂言(壬生寺)

都をどり   曲水の宴
都をどり
祇園界隈は1日から歌舞練場ではじまる「都をどり」で一足早く春本番を迎える。
  曲水の宴
平安時代のように王朝衣装をつけた歌人達が平安の庭の遣り水にながされていく酒杯にうながされて歌を短冊にしたためる。


※ご紹介の内容および日程は予告なく変更される場合がございます。

※地図中の観光地名をクリックすると観光案内と写真を御覧いただけます。

よーじや京都マップ