「よーじや」は京都生まれの京都育ち。

よーじやの創業は1904(明治37)年。それまでは化粧雑貨品を大八車に積んで売り歩いていた先々代が、京の町なか、六角御幸町あたりに、店を構えたことに始まります。当初の屋号は「國枝商店」といいました。その後、京都でもいちばん賑やかな繁華街、新京極の花遊小路に本店を移転。これをきっかけに店名も「よーじや」とあらためました。この名は、当時は「楊枝(ようじ)」と呼ばれていた歯ブラシを商い、身近に親しまれていたことに由来する愛称。以来、店名として広く浸透するようになったのです。

時の流れにしなやかに対応して。

その後もよーじやは、大正から昭和、そして平成へと移りゆく時代のなかで、誕生の地・京都に根をおろし、誠実に商いを続けてきました。その評判は徐々に全国へと広がっていきました。
特に女性の美しさにこだわったオリジナル美粧品はお客様からご好評をいただき、アイテムも年々充実。現在も看板商品「あぶらとり紙」のバリエーションをはじめ、ご期待に応える商品づくりに取り組んでいます。現在、店舗は京都市内に本店、祇園店、三条店、京都ホテルオークラ店、嵯峨野嵐山店、清水産寧坂店、清水店、銀閣寺店、金閣寺店、京都駅コーナー、大丸京都店、新大阪新幹線コンコースギフトステーション内、に加えてホテルオークラ東京店、羽田空港店があります。また、海外へおでかけの方のみご利用いただける関西空港、成田空港の免税店内でよーじやコーナーを展開しています。
また祇園店、三条店、京都ホテルオークラ店、ホテルオークラ東京店、大丸京都店には基礎化粧品やベースメイク、伝統化粧品、伝統化粧道具コーナーを、 祇園店、三条店、嵯峨野嵐山店、銀閣寺店、羽田空港店には「よーじやカフェ」を併設しています。
新商品やイベントなどの最新情報は、ご覧のホームページや携帯サイトで随時発信。直接店舗にお越しいただけない方にはオンラインショッピングのほか、ご希望の方にはカタログによる通信販売にも対応しております。
これからもよーじやは、お客様一人ひとりとの出逢いと心のつながりを大切に、歩んでまいります。

あぶらとり紙といえば、よーじや。

京都で生まれ育ったよーじやの名を全国のお客様に覚えていただくきっかけとなった看板商品といえば、ご存知「あぶらとり紙」。その誕生は大正時代(1920年頃)にさかのぼります。
発売当初は現在の約4倍、顔が覆えるほどの大きさだったものを、改良を重ね小さな手帳の形にして1冊5銭で販売したところ、徐々にご愛用者が増えていきました。特に京都という土地柄から、舞台や映画関係者、花街の女性たちにご愛用いただき、京都ブランドとして全国で紹介いただくようになりました。その人気は単なるブームに終わることなく、幅広いお客様の心をとらえることに。また免税店向け限定販売として独自の製法でアロエエキスを配合した「あぶらとり紙・アロエ」、また季節限定商品として「あぶらとり紙・さくら」「あぶらとり紙・抹茶」「あぶらとり紙・ゆず」も発売し、話題に。お客様のご愛顧が、「あぶらとり紙」を息の長い定番商品へと育て上げました。

「あぶらとり紙」には愛される理由があります。

「あぶらとり紙」に使われるのは古来より上流社会の女性や粋人の間で<ふるや紙>と呼ばれ珍重されてきた金箔打紙。純金箔を打ちのばすために何度も打ち続けると同時に和紙も叩かれ、その結果、あぶらをよく吸いとる<ふるや紙>となるわけです。よーじやでは緻密な組成の特殊和紙を厳選。これを、箔打機で繰り返し叩きこんで紙の繊維を活性化し、抜群の吸収力と肌にやさしい使い心地を実現しています。「あぶらとり紙」の根強い人気の裏には、そんな品質への徹底したこだわりがあるのです。ちなみに、表紙のロゴマークは京女が映る手鏡をモチーフにしたもの。今では文字通り“よーじやの顔”として、広く親しまれています。